イメージ刷新。ハウスのまもり高める乳酸菌L-137のパウダー飲んでみた。

ハウスのまもり高める乳酸菌 乳酸菌サプリ

秋から冬に向けて、インフルエンザなどが気になる季節を前に、守る力を高めたい人は多いと思います。

今年の秋は、ハウスのまもり高める乳酸菌L-137のパウダータイプから菌活を初めてみることにしました。

まもり高める乳酸菌

乳酸菌L-137は鈴木亮平さんのCMで有名ですね。

去年も実は飲んでいたので、こんな記事を書きました。

500 Internal Server Error

一気にリニューアルされておしゃれなパッケージになりましたね。

ハウスのまもり高める乳酸菌

乳酸菌パウダー以外にもサプリメントはもちろん、とんがりコーンやバーモントカレー、フルーチェ、うまかっちゃん(!)といったハウス商品にも入っています。

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B07G4FLJ65″ title=”ハウスまもり高める乳酸菌L―137バーモントカレー中辛115g×5個”]

これ、「シールド乳酸菌」とかと近いですね。

森永のシールド乳酸菌はいろんな商品(他社の製品にも)に配合されています。

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B01B1ENRV2″ title=”永谷園 シールド乳酸菌M-1みそ汁 3食入×10個”]

ハウスさんもおなじみの食品にさりげなく混ぜちゃう方針になったようです。

実はこのL-137という乳酸菌は、東南アジアのなれずし由来の乳酸菌L-137を加熱して作った加熱の乳酸菌HK L-137なのです。

以前は多少「なれずし由来です」って書いてた気がするのですが、戦略変わったんでしょうか。

現在、由来についてほとんど触れていません。

でも、言わなくて正解かも。。

去年飲んだ時、「うーん、なれずし、、なれずしかあ、、いいんだけど、なれずしかあ・・一般受けしないかもな〜」と、ちょっと思ったんですよね。余計なお世話ですが。。

私は「おー、なれずし!マニアック!」と思わず食いついてしまいますが、なれずし由来(しかも東南アジアの)ときいて「よし、飲んでみるか」という人はあまりいないはず。。

なれずし、美味しいですけどね。。

[st-kaiwa1]ハウスさんは、多分そのことに気づいて、いろいろイメチェンしたんだろうな〜、、って菌活ウォチャーの勝手な推測ですが、そう思いました。[/st-kaiwa1]

というわけで まもり高める乳酸菌L-137、パウダータイプを飲んでみました。

白い粉末です。

まもり高める乳酸菌の中身

オレンジジュースや青汁などに混ぜてもオッケー。

シチューに混ぜたり、お味噌汁に入れても大丈夫です。

味は無味無臭なので。

ただ、揚げ物や圧力鍋に入れるとか炒めたりといった加熱までしちゃうと、さすがの強い乳酸菌も壊れてしまうらしく・・避けた方がいいみたい。

まもり高める乳酸菌 外箱

もちろん、そのままさらさらっと飲むこともできます。

まもり高める乳酸菌L-137は、加熱乳酸菌なので死んでます。

死んでるということはある意味安定しているということで、いろんな効果が高まるそうですよ。

炭酸ドリンクに入れると、ブクブクと泡が出て溢れちゃうみたいなので要注意です。

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B07FSCBYQQ” title=”ハウスウェルネスフーズ まもり高める乳酸菌L-137 パウダースティック <30本入り> 39g箱 (1本に乳酸菌100億個)”]

 

乳酸菌L-137について詳しく知りたい方は↓

ハウスの乳酸菌L-137研究所公式ページ(一般向け)へ>>

 

 

タイトルとURLをコピーしました