夏こそ甘酒。飲む点滴で夏バテに備える菌活!おすすめ甘酒 2018

糀ドリンク 甘酒

こんにちは、わた子です。

6月だというのにものすごく暑くて、食事もきゅうりやお素麺など、すっかり夏のような食卓になっています。

「もうすでに夏バテだよ」という声もちらほら聞こえているので、夏におすすめの菌活ドリンクをご紹介したいと思います!

夏こそ甘酒 その理由は?

最近は菌活ブームで発酵食品などの情報にもみなさん詳しい人が増えていますよね。

夏に甘酒がいい、とか、甘酒は夏の季語(江戸時代〜)、というのも割と広まっているようです。

知らない人もいらっしゃるかもしれませんので、改めて言いますが、甘酒って夏の飲み物なのですよ・・!

甘酒には栄養がたっぷり含まれています。

まずは甘酒にはブドウ糖やアミノ酸、ビタミン類もたっぷり含まれています。

「甘酒は飲む点滴」といわれるように、豊富な栄養が吸収しやすい形で入っているので、大人から子供までおいしく飲めるのです。

甘酒の種類が毎年増えている!コンビニでも手軽に飲めるように!

ここ数年、コンビニやスーパーで売られている甘酒の種類がぐんと増えましたよね。

甘酒への関心が高まり、たくさんのメーカーが甘酒を出しています。

お酒のメーカーによるものや、お味噌のメーカーによるものなど、さまざま。

フレーバーも増えましたし、中には、甘酒と乳酸菌を混ぜたものなど、ハイブリッドタイプのものも。

酒粕甘酒と糀甘酒、どちらがいいの?

売られている甘酒をよく見てみると、酒粕で作られた甘酒と糀で作られた甘酒の大きく2つにわけられます。

酒粕はお酒を作る過程で生まれた絞りかすなので、酒造メーカーが作っていることが多いようですし、お味噌メーカーなどで作っているのは糀の甘酒のことが多いです。(例外ももちろんあります)

どちらにも良さはあります。

ただ、気をつけるとしたら、酒粕には微量のアルコールが残っていることがあるため、ものすごくお酒に弱い人とかお子様は飲まないようにしてください。

また、お砂糖の量なども、作り方によって変わってきます。

糀だけで作って自然の甘みのままのものもあれば、お砂糖やお塩を足して作っているものもあります。

1日1杯程度であれば、特別な食事制限をしている方以外、あまり問題がないのではないかと思いますが・・気になる方は、成分や原材料をチェックしてから選んでくださいね。

わた子が選ぶ夏におすすめの甘酒 2018

私が今まで飲んだなかで、「夏におすすめだな」と思うものをいくつかご紹介しますね!

イチオシ! 季節ごとの糀ドリンクが楽しめる 古町糀製造所

古町糀製造所の糀甘酒は、お中元やちょっとしたプレゼントにもオススメしたいオシャレな糀ドリンクです。

毎月、季節の糀ドリンクが出ているので、珍しい味が楽しめますよ。

八海山酒造 糀だけでつくったあまさけ

酒造メーカーの甘酒として有名なのがこちら。

500 Internal Server Error

八海山といえば有名ブランドですよね。

ナチュラルローソンや北野エース、成城石井などオシャレ系のスーパーではよく見かけるブランドです。

味はいわゆる麹あまさけ。

シンプルですがべたつかない甘さで、1本飲むとエネルギー補給された感があります。まさに飲む点滴。

最近は「乳酸菌発酵の麹あまさけ」というのも出ています。さっぱりして飲みやすいです。

遠藤酒造場の造り酒屋の甘酒

1本どーんとボトルに入っているので、家族でおやつ時などに楽しめるのがこちらの甘酒。

500 Internal Server Error

少しとろみがあります。

余計なものが一切入っていないので飲みやすいです。



クエン酸入りでさっぱり 一日一糀

金沢のヤマト醤油味噌さんの玄米甘酒。

一日1つでも糀を取りましょう、玄米を食べましょう、といってもなかなか今の生活ではとりづらいですよね。

そんなとき、一日一糀があれば、思わず手に取りたくなります。

玄米ということで、少し玄米のくせはありますし、クエン酸なのでやや酸っぱめ・・味が想像しづらいですよね・・でも、なれると癖になります。

低温殺菌で生きた酵素が入っているというのも、ヘルシーご飯好きな人たちには魅力的なのではないでしょうか。

こちらのメーカーでは普通の甘酒も作っているので、いろんな味を試してみるのもおすすめです。

500 Internal Server Error

* * * *

いかがでしたか?

スーパーやデパート以外でも、最近は街の酒屋さんやお米やさんの店先でも、いろんな甘酒が売っています。

ぜひ、試してみて、お気に入りの甘酒ドリンクで夏バテ対策してみてくださいね。

 



 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました